本文へジャンプ

2016年 生あんず予約開始スタート!

★新商品「信州サワー」の取扱いがスタート!(限定40箱)
信州サワーは橙色で大きめの果実です。甘みが強く生食用にも適しています。
ハーコットよりは酸味が感じられるため、甘いだけよりは少し酸味が欲しい、という方におすすめ!
限定40箱なのでご予約はお早めにどうぞ!
収穫時期は6月下旬~7月初旬ごろ、2,000円/2kgで販売いたします。

★「山形3号」値下げします!
山形3号が今年豊作のため、2,000円/2kgのところ、同量で1,800円に値下げします。今季限定の価格になります。ぜひご予約ください!

生あんずの到着日について

生あんずは到着日指定ができません

あんずは収穫したその日に出荷するため、到着日指定ができません。
(「土曜着希望」や「月曜不在」なども受けられません。)
受け取りが不安な場合は、備考欄に「クール便希望」と記載してください。こちらから変更後の代金をお知らせいたします。


到着日のお知らせメールについて

到着日のお知らせメールは発送完了してからとなるので、到着日前日の夕方から夜になります。
デリケートなあんずを最高の状態でお客様にお届けするため、収穫・箱詰め・発送は時間との勝負となります。
お知らせがギリギリになりましても、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

あんずのレシピ

 

とれたての新鮮なあんずのみをお客様にお届けいたします。

アンズイメージ

あんずの原産地は中国北部、ヒマラヤ西北部で、中国では2000年以上昔からあんずの種の中にある「安仁」(あんにん:咳止めや喘息に効果があるといわれている)を収穫するために栽培され、その後ヨーロッパ、中東、アメリカ、日本にも渡ったとされています。

森・倉科のあんずは、元禄時代伊予宇和島藩の伊達宗利候の息女豊姫が、松代藩主 真田幸道候に嫁入りする際、故郷をしのび杏を植えたのが始まりと言われています。

今日では食品加工技術の進歩や品種改良からあんず特有の「甘ずっぱさ」からジャムなどの加工食品から生食としての関心も集めています。

このページの上部へ